万葉の頃より湧き出る湯を和情緒あふれる風呂で堪能!松本城下の奥座敷「浅間温泉・ホテル玉の湯」」

美ヶ原高原方面の山裾に向かうなだらかな斜面に浅間温泉街が広がっているが決して浅間山の近くの温泉ではないのである。

日本書記にその名を記された「束間温泉」は現在の松本市の美ケ原温泉または浅間温泉であるといわれる。浅間温泉の古墳から金銅製の天冠などが出土している。天武天皇の時代、都まで知られた「束間の湯」に行幸しようと使者を派遣し、信濃国の地形図を献上させたとも記されている。

束間は後世、「筑摩」と字を変え、県歌「信濃の国」でも「くる人多き筑摩の湯」と歌われることになったように古代の街道・東山道を通って都と往来する人々も、山あいの湯で疲れを癒したのかもしれません。

江戸時代には松本城主の御殿湯が設けられて発展し、明治末期から昭和初期にかけては竹久夢二や与謝野晶子等、数多くの文人墨客がおとずれたのである。ゆえに、浅間温泉には、由緒ある寺社、道祖神、句碑などが数多く残されているのである。

浅間温泉街は近代的な設備を誇る旅館、ホテルと昔ながらの風情を残す温泉宿が共存し、さらに「港の湯」「仙気の湯」「倉下の湯」といった歴史ある公共浴場を守りながらも一般に開放している松本の奥座敷である。

浅間温泉は無色透明な弱アルカリ単純泉。源泉温度は45°から53°で胃腸病、婦人病、皮膚病などに効能があり、イオンを多く含み湯ざめしないお湯といわれている。温泉街に入るとすぐ左手に6階建ての建物が見えるのが、明治18年創業の老舗「ホテル玉の湯」。

男湯「芭蕉」女湯「小町」のお風呂は、どちらも総檜の和装にしてスッキリとしたスタイリッシュな内装が特徴で、太陽光を取り入れ、とても明るく綺麗です。かなり大きめの湯船にはpH8.7のアルカリ性単純温泉がたっぷりと流れています。内湯に付属する湯船全体が檜の露天風呂は、眺望は仕方無いものの落ち着いた雰囲気です。

平安の昔から歌人に愛された歴史浪漫あふれる湯の里「美ケ原温泉」で美と健康がテーマのお宿「旬彩 月の静香」

雄大な北アルプスを望み、好天時にはその山並みを静かな寛ぎの空間で楽しめる歴代の松本城主に愛されながら親しまれてきた名湯「美ケ原温泉」。平安時代中期の宮廷歌人・源重之は『いづる湯のわくに懸れる白糸はくる人絶えぬものにぞありける』と後拾遺和歌集に温泉の賑わいぶりを記しています。「束間の湯」「山辺の湯」「白糸の湯」など時代の変遷とともに呼び名も変わっいたていきましたが、日本で屈指の歴史を誇る温泉だけに温泉街の通り全体に歴史ある空気が漂っています。

16-06-10-14-42-59-210_photo

松本地方特有の古民家風の本棟造りの宿やなまこ壁の土蔵造りの宿が肩を並べるようにうねうねと続き、昭和の温泉街の原風景がそのままそこにあります。平安の昔から歌人に愛されてた歴史ある名湯だけに、この地を訪れた歌人、文人は数えきれません。街角や辻のあちこちに先人の歌碑や句碑がたくさん残されていて、その前に佇みさまざまな想いに心を馳せた文人墨客の姿を偲んでみてください。

16-06-10-14-46-45-314_photo

昭和の温泉街の原風景の中に、宿の玄関先に茅葺きの門がどっしり構える「旬彩 月の静香」があります。新館は数寄屋造り、別館は築250年の古民家を移築しています。ロビーにはどっしりとした感じの少しレトロな感じの雰囲気が漂っています。

2015_0719_145712-P1080475

浴室は窓が大きくとられ、明るい雰囲気で露天風呂が見えます。露天風呂は石造りで、滝のように温泉が注がれています。湯船に浸かるとアルカリ性のお湯のせいか、肌にやわらかい感じがします。温度は42度前後でじっくりと旅の疲れを癒すには丁度よい湯加減。湯あたりが少なく、一日何回でも入浴できる女性にとっては美肌の湯です。館内の冷やした温泉水のサービスも嬉しく、湯上り後の水分補給も配慮されていています。軟水で飲みやすいですよ。

2015_0719_150302-P1080477

金太郎を生んだという伝説が残る子持ちも湯!田沢温泉「有乳湯」

山あいの田園風景の中を進むと、ひっそりとした温泉街に行き着く。宿の数3軒(昔は4、5軒)の小さな温泉「田沢温泉」である。十観山(標高1284.5m)の山腹、標高700mの山あいにある湯けむりを上げる田沢は、湯治が全盛であったころの”湯場”という呼び名が今に通じそうな、ぬくもりのある落ち着いた佇まいのままである。飛鳥時代に行者が発見したという伝承が残るほど歴史は古い。湯治に訪れた山姥が、鬼退治で有名な坂田金時を産んだ伝説もあり、古くから子宝に恵まれる「子持ちの湯」、乳が出るようになる「有乳湯」と親しまれ、現在の共同浴場の名に残ったという。

川のせせらぎと鳥の鳴き声を聞きながら、白壁や格子窓の建物に囲まれた石畳の坂道を上がると、島崎藤村が愛用した国の有形文化財「ますや旅館」、古き良き温泉情緒を満喫しながら歩けば「有乳湯」に着く。

2015_0430_114744-P1060873温泉街の雰囲気に合わせた趣ある木調のしつらえで、館内には清々しい木の香が漂う。唐破風の屋根がりりしい共同湯「有乳湯」は、10人ほどが入れるタイル張りの浴場は、大きな窓で明るく清潔感があり39°~40°のお湯はぬるく感じるが、湯口から大量の湯が源泉100%で掛け流されているせいか、10分もつからないうちに肩までしっかりと浸かっていると、じわじわ全身が温まり、額からうっすらと汗が噴き出す。肌がすべすべになるアルカリ性の湯は、微かにゆで卵のような硫黄臭がするのだが、いつのまにか無数のきめ細かい泡が身体を包み、湯冷めせず、冷え性に良い。飲めば肝臓や腎臓、胃腸の調子を整え、便秘や糖尿病などにも効くと評判で、飲み口は硫黄臭を感じない。

2015_0430_115003-P1060874

共同湯にもかかわらず、洗い場はブースに仕切られ、源泉シャワー付きという贅沢さ。これで200円は安い。