北アルプス眺めなかがら入る塩分を含んだ褐色の湯。白馬塩の道温泉「倉下の湯」

八方根と岩岳両スキー場に挟まれた白馬村松川河川公演近くに1994年7月にオープンした温泉施設が白馬塩の道温泉の湯元「倉下の湯」です。最初は天然ガスを採掘する予定で作業が進められたが湯が噴き出したので急きょ温泉施設がオープンしたのです。

施設は湯船の半分まで屋根が掛った半露天風呂が男女別に一つずつの浴槽で、木製の湯船はゆったりと大きく、たっぷりと湯が溢れています。建物の中にある浴槽は上がり湯で、浴室から出る際にかけるためのものです。

露天風呂に出るドアを開けると真っ白な雪をいただいた、雄大な北アルプスの山々に目を奪われます。唐松岳、五竜岳などの山々が間近に見え、開放感いっぱいの露天風呂に浸かりながら、北アルプスを独り占めしたような気分になります。

少し黄色味がかった褐色の湯は地下1000mのフォッサマグナの中で2500万年熟成された太古の海水が湧き出たもので。塩分が強く成分がとても濃いため、空気に触れて褐色へと変色します。

源泉の温度は約48度で源泉から浴槽までの十数mのパイプをつたっていくうちに42度の適温になって加温、加水なしの源泉かけ流しで供給されています。

泉質は塩分を多く含んだナトリウム塩化物・炭酸水素塩泉で、塩の成分が肌をキュッと引き締めます。

2019/5/25入湯