硫黄臭漂う緑白色の湯船から松川渓谷の四季折々の絶景が楽しめる信州高山村七味温泉「紅葉館」

松川渓谷沿いに8つのいで湯が湧く信州高山村。松川をさかのぼりつづら折りを繰り返した先、最奥にある七味温泉は、山あいに3軒の宿が軒を並べるこじんまりとした秘境温泉地です。源泉は川底にあるため、松川の流れは透明でも、川石は温泉に含まれる成分で赤茶に変色し、辺りには硫黄臭も漂っています。

成分、色、温度と泉質の異なる自然湧出する7つの源泉を混ぜていることからその名が付いた湯は乳白色の湯は体を芯から温めてくれます。同じ川からとる源泉でも、掘る場所や深さが違うと性質の異なる湯が出るといいます。山を越えた群馬県の草津とは同じ白根火山帯に属し、草津同様、豊富な湯量と効能の大きい湯に恵まれています。

七味1号~7号は含硫黄-ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉/七味8号井も含硫黄-ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉
新七味は含ヒ素・硫黄-ナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉/牧新七味は単純硫黄泉です。効能は神経痛、皮膚病、肩こりなどです。

七味温泉で一番大きな宿は「渓山亭」ですが、今回はこじんまりとした入口にある平成23年に改装された宿「紅葉館」におじゃましました。

内湯は小さな浴槽ですが湯はオバーフローし浴室に硫黄臭が漂っています。

そこから露天風呂に出ると乳白色のようなエメラルドグリーンのような源泉かけ流しの湯をまんまんと湛えた岩風呂があります。浴槽の岩には湯の花が付き、手で触ると指につくぐらい新鮮な湯が流れている証拠です。

片隅には炭色の湯という70度と30度の二つの源泉を混ぜると化学反応で黒く炭のような色になったとのことですが一人用の木製湯船が置かれています。名物の洞窟風呂は女湯のほうで残念でした。                  2019年2月3日入湯