浅間山麓の農村風景を見渡す絶景露店風呂。信州八重原温泉「アートヴィレッジ明神館」

信州東御市八重原台地明神池のほとりに、1994年、旧御牧村の村営施設として、竹下内閣時代の「ふるさと創成」資金等を使って開業しました。竹紙すき体験工房やコテージ、マレットゴルフ場などがある「芸術村公園」内の温泉宿です。

周囲を取り囲む田園から一段高い丘陵地にあり、目隠しのない露天風呂からは、水田にキラキラと反射する日差し、雪にスッポリ覆われた山々、澄み切った青空という標高約700mから望む浅間山や高峰高原の雄姿、眼下にひろがるのどかな田園風景は季節ごとにさまざまな表情をみせます。

源泉は2km離れた場所にあり、泉質はナトリウム・カルシウム塩化物泉で弱アルカリ性の湯は肌によい。源泉温度は55.5度で加水している。                 2018年7月16日入湯

火山の恵みは日本一の癒しの赤褐色の温泉。信州小諸「天狗温泉浅間山荘」

車で小諸市から浅間山へ向かうチェリーパークラインから高峰高原を目指す坂道を進む途中、浅間登山口と書かれれた大きな柱が現れ、右に折れると砂利道の林道は、車がすれ違うのがやっとの道です。約4km、15分程度登っていくと標高1400mの終点に現れるのが宿の背後には山が覆いかぶさる迫っている「天狗温泉浅間山荘」です。もともとは浅間山登山のための基地として親しまれてきた宿で、敷地の奥には浅間山への登山口を示す鳥居が立っています。

「天狗温泉」の由来は「浅間山麓で修行していた行者が湯に浸かっている姿を天狗と間違えた」「赤い湯が天狗を連想させる」なぢ諸説ありますが、多くの登山客を癒してきた湯は、オレンジ色の近い茶色、とても天然の色とは思えないほど鮮やかな色です。

男湯、女湯の内湯が各1つずつあり、浴室に入ると浴槽からあふれる赤褐色の湯が目にひきます。壁一面に広くとられた窓から光が差し込み、赤色が一層鮮やかです。泉質は単純鉄冷鉱泉で湯はもともと9度で約40度に沸かして使っています。もともと自然に湧き出た源泉は透明だが、鉄分が酸化して色が変わります。弱酸性の湯は肌にやさしく、豊富に含まれる炭酸は疲れた筋肉をほぐしてくれます。                2018年1月14日入湯

自然サイダーとも呼ばれる宝命水が湧き出す100年の名湯・佐久「初谷温泉」

国道254、通称コスモス街道沿いに奇岩怪石が連なる景勝・内山峡。その街道から道をそれること約15分、車がやっと通れるほどの狭い山道に、この先に宿が本当にあるのかおぼつかなくなってきた頃、ようやく初谷川に寄り添うように建つ、湯治場の風情を残す一軒宿「初谷温泉」の建物が見えてきます。荒船佐久高原国定公園内に佇み、自然に囲まれた環境は、ストレスがたまった体によいとのこと。

開湯は古く、明治18年、初代増野定八が栗拾いに行って赤い水が湧いているのを見つけ、持ち帰って病弱な母に飲ませたところ快方に向かったのが創業の由緒です。壁際が温泉湯で、手前がさら湯の2槽に分かれ、まず、さら湯に入って体の汚れを落とし、温泉の成分を吸収しやすくなったら温泉湯につかります。

宿の裏手、敷地内の初谷沢の縁から湧き出す「宝命水」と名付けられた源泉は。鉄分を多く含んだ茶褐色の湯で、胃腸によいといわれています。宿が用意してくれるペットボトルに汲んで宝命水を飲みながら入浴するとさらに効果があるといいます。

2018年11月17日入湯