万葉の頃より湧き出る湯を和情緒あふれる風呂で堪能!松本城下の奥座敷「浅間温泉・ホテル玉の湯」」

美ヶ原高原方面の山裾に向かうなだらかな斜面に浅間温泉街が広がっているが決して浅間山の近くの温泉ではないのである。

日本書記にその名を記された「束間温泉」は現在の松本市の美ケ原温泉または浅間温泉であるといわれる。浅間温泉の古墳から金銅製の天冠などが出土している。天武天皇の時代、都まで知られた「束間の湯」に行幸しようと使者を派遣し、信濃国の地形図を献上させたとも記されている。

束間は後世、「筑摩」と字を変え、県歌「信濃の国」でも「くる人多き筑摩の湯」と歌われることになったように古代の街道・東山道を通って都と往来する人々も、山あいの湯で疲れを癒したのかもしれません。

江戸時代には松本城主の御殿湯が設けられて発展し、明治末期から昭和初期にかけては竹久夢二や与謝野晶子等、数多くの文人墨客がおとずれたのである。ゆえに、浅間温泉には、由緒ある寺社、道祖神、句碑などが数多く残されているのである。

浅間温泉街は近代的な設備を誇る旅館、ホテルと昔ながらの風情を残す温泉宿が共存し、さらに「港の湯」「仙気の湯」「倉下の湯」といった歴史ある公共浴場を守りながらも一般に開放している松本の奥座敷である。

浅間温泉は無色透明な弱アルカリ単純泉。源泉温度は45°から53°で胃腸病、婦人病、皮膚病などに効能があり、イオンを多く含み湯ざめしないお湯といわれている。温泉街に入るとすぐ左手に6階建ての建物が見えるのが、明治18年創業の老舗「ホテル玉の湯」。

男湯「芭蕉」女湯「小町」のお風呂は、どちらも総檜の和装にしてスッキリとしたスタイリッシュな内装が特徴で、太陽光を取り入れ、とても明るく綺麗です。かなり大きめの湯船にはpH8.7のアルカリ性単純温泉がたっぷりと流れています。内湯に付属する湯船全体が檜の露天風呂は、眺望は仕方無いものの落ち着いた雰囲気です。