心やすらぐ懐かしい田舎 長野市中条「信州むしくらの湯 やきもち家」

旧中条村で唯一の温泉施設で信州百名山のひとつ虫倉山の中腹にあり長野市内から30分程度でいけるところである。

長野バイパスから笹平トンネルの手前を県道31号線へ左折、途中から案内板に従って山道に入っていくと、民家も少なくなり、静けさの中を進めば大きな茅葺屋根が見えてきます。

2015_0927_112828-P1090138

「虫倉山」には金太郎の生母であるとも言われる「大姥さま」の伝説があり、山中の岩窟に棲んでいたという山姥が、根は優しく困ったときは百姓を助けたり歌や踊を見せて楽しませてくれたため里人から大変慕われ、世を去ったあとに虫倉大権現として祀られたといいます。

建物は明治初期、120年前の古民家を移築した宿泊体験施設併設の入浴施設。間口の広い玄関の戸を開くと天井には黒ずんだ太い梁が横たわり、大きな囲炉裏からはパチパチと薪が燃える音とともにおやきの焼けるかおりとけむりがたちこめる。

2015_0927_120415-P1090150

東に約660m離れた谷あいに湧き出る梅木鉱泉は源泉は5.5度と低く、42.5度に加熱したもので、泉質はナトリウムイオン泉、無色透明です。。お湯を手ですくい鼻先に近づけるとかすかに硫黄のにおいが漂う。効能は、神経痛、筋肉痛、肩こり、冷え性によい。

2015_0927_120529-P1090151

内湯に大きなガラス窓から光が差し込み、露天風呂からは眼前に壮大な山々を見渡せます。露天風呂は御影石の一枚岩をくりぬいた「ひょうたんの湯」と「木桶風呂」が人気です。静けさの中ゆったりと温泉と風景が味わえます。                                              2015/9/27  入湯

2015_0927_120553-P1090152

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です