四季の変化を肌で感じる情緒あふれる谷あいの秘境。信州大町・葛温泉「温宿かじか」

大町市の市街地から車で高瀬川沿いに西へ。周辺は中部山岳国立公園に指定され、今なお手つかずの景観がのこります。昭和44年(1969)夏の土砂流で全壊し、その後東京電力が高瀬川の上流に高瀬、七倉の両ダムを整備したのです。そんな高瀬川沿いに3件の温泉宿があるのが葛温泉です。手前から仙人閣、温宿かじか、高瀬館があり、車の往来」も少なく湯音だけが響きます。

葛温泉の開湯は200年ほど前の慶長3年(1598)に襲った凶作の年に里人が自生する葛を求めて入山した際に発見されたといい「槍にしようか、烏帽子にしようか、ここは思案の葛の湯まかせ」と山男たちに謳われたように昔はアルピニストの拠点として利用されていました。

平成8年(1996)に再建された温泉は男女別の内湯と屋根付きの半露天風呂があります。それぞれに内湯は87.8度、露天風呂には72.4度の2種源泉、単純温泉が源泉かけ流しで湯船に注がれています。露天風呂「慶長の湯」は、源泉のうち最古と伝えられる「橋本の湯」を使い、ほのかに硫黄の香りと湯の花が満喫できます。半露天からは自然の息吹が感じられ、時には猿や鹿が覗きにきてくれます。

内湯風呂「高野槇の湯」は浴槽すべてに木曽五木のひとつ高野槇が使用され照明を落とし、暗めの浴室に木肌をライトが浮かびあがらしています。         2019/3/17入湯