万葉のロマンあふれる信州はな桃の里・園原の一軒宿「野熊の庄 月川」

岐阜との県境にある信州阿智村園原は、かつて都のあった京都と関東、東北を結んだ古代東山道が通り、難所神坂越えの休憩地点として平安、鎌倉時代に栄え、「箒木の心を知らで園原の道にあやなく惑ひぬるかな 光源氏」と源氏物語にもでているように紫式部や清少納言など多くの都人に知られていたのである。また県歌「信濃の国」にも「たずねまほしき園原や」とうたわれるなど、随所に歴史の面影を残す地である。今その園原の里は月川温泉郷を中心に花桃の里に変貌している。

恵那山の別名が野熊山と呼ばれることから名付けられた「野熊の庄 月山」の月川温泉の開湯は1991年のことで、中央自動車道恵那山トンネル上り線の工事に伴う残土によって、園原には土砂の造成台地いくつもつくられ、豊かな自然が変わりゆくことから花桃が植えられ、山村再生事業の一環として建てられたのが「月川」で、水道の確保のために掘削した場所から温泉が湧出したのである。無色透明の温泉は単純アルカリ泉で冷泉のため加温しているが、フッ素とラドンを含んでいる。野趣に富んだ石組みの露天風呂からは四季の装いを変える園原の里山を望めます。

本谷川沿いと宿の周囲を囲むように花桃が植えられており正しく桃源郷である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です