「学問の湯」に浸かって合格祈願はいかが!? 信州栄村「北野天満温泉 学問の湯」

千曲川が信濃川へと呼び名が変わる、栄村と新潟県津南町の県境を南に向かいます。県境に沿うように流れる志久見川に並行して延びる県道を5Km程進むと、北野川沿いの平坦地に北野天満温泉があります。温泉の名は、500m離れたところに建つ、学問の神様として知られる菅原道真公を祀る北野天満宮から名付けられました。

2013_0820_101239-P1030499

敷地内には菅原公を祭った八角堂や信州の名水・秘水にあげられる毎分6トンの地下水を噴出する湧水堂、栄村ならではの珍しい野草が楽しめる栄村植物園などがあります。

2013_0820_102311-P1030500

お風呂は男女それぞれ、内風呂と露天風呂が一つずつある。内風呂はその名も「学門の湯」で細長い浴槽に加え、外に面した一面のガラス張り張りが、広々としてリラックスできる空間を作りあげています。泉質はナトリウム-塩化物泉で、神経痛や筋肉痛のほか慢性婦人病などに効果があるとされます。

2013_0820_104542-P1030502

北野天満宮に参拝し、学問の湯に浸かれば合格間違いなしです。     2013/8/20 入湯

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です