平安の昔から歌人に愛された歴史浪漫あふれる湯の里「美ケ原温泉」で美と健康がテーマのお宿「旬彩 月の静香」

雄大な北アルプスを望み、好天時にはその山並みを静かな寛ぎの空間で楽しめる歴代の松本城主に愛されながら親しまれてきた名湯「美ケ原温泉」。平安時代中期の宮廷歌人・源重之は『いづる湯のわくに懸れる白糸はくる人絶えぬものにぞありける』と後拾遺和歌集に温泉の賑わいぶりを記しています。「束間の湯」「山辺の湯」「白糸の湯」など時代の変遷とともに呼び名も変わっいたていきましたが、日本で屈指の歴史を誇る温泉だけに温泉街の通り全体に歴史ある空気が漂っています。

16-06-10-14-42-59-210_photo

松本地方特有の古民家風の本棟造りの宿やなまこ壁の土蔵造りの宿が肩を並べるようにうねうねと続き、昭和の温泉街の原風景がそのままそこにあります。平安の昔から歌人に愛されてた歴史ある名湯だけに、この地を訪れた歌人、文人は数えきれません。街角や辻のあちこちに先人の歌碑や句碑がたくさん残されていて、その前に佇みさまざまな想いに心を馳せた文人墨客の姿を偲んでみてください。

16-06-10-14-46-45-314_photo

昭和の温泉街の原風景の中に、宿の玄関先に茅葺きの門がどっしり構える「旬彩 月の静香」があります。新館は数寄屋造り、別館は築250年の古民家を移築しています。ロビーにはどっしりとした感じの少しレトロな感じの雰囲気が漂っています。

2015_0719_145712-P1080475

浴室は窓が大きくとられ、明るい雰囲気で露天風呂が見えます。露天風呂は石造りで、滝のように温泉が注がれています。湯船に浸かるとアルカリ性のお湯のせいか、肌にやわらかい感じがします。温度は42度前後でじっくりと旅の疲れを癒すには丁度よい湯加減。湯あたりが少なく、一日何回でも入浴できる女性にとっては美肌の湯です。館内の冷やした温泉水のサービスも嬉しく、湯上り後の水分補給も配慮されていています。軟水で飲みやすいですよ。

2015_0719_150302-P1080477

真田一族発祥の地でリラックス!真田温泉「ふれあいさなだ館」

国道144号上州街道沿いにある信州真田情報発信基地「ゆきむら夢工房」から一本中に入ったところに平成5年オープンの日帰り温泉施設「真田温泉 ふれあいさなだ館」があります。外観は地元の武将真田氏の館をイメージした純和風の趣でありながら近代的な建物。

16-10-29-16-26-31-591_photo

屋根瓦には六文銭があしらわれ、玄関には真田幸村の赤備えの甲冑鎧が飾られ真田一族の里であることを実感します。

16-10-29-16-26-44-763_photo

男女別の大浴場に純和風の庭園露天風呂、そしてプールも併設されています。岩組みの露天風呂は庭園の中にあり、四季折々の姿が楽しめます。内風呂の広い浴槽には、気泡湯、打たせ湯、歩行湯もあります。泉質はアルカリ性単純泉。

真田の里を巡ったあとの疲れを癒してくれる施設です。

荒々しい鳥甲山を眺める開放的な露天風呂!秋山郷上野原温泉「牧之の宿 のよさの里」

長野県と新潟県の県境にまたがる秋山郷を初めて世に紹介した江戸時代の文人・鈴木牧之にちなんで、当時の秋山郷の暮らしと文化を再現した村営の宿泊施設が上野原温泉「のよさの里 牧之の湯」です。

2013_0820_145907-P1030509

本家(本館・フロント・食堂・座敷)と渡り廊下で結ばれている7戸の分家で構成されています。

2013_0820_144351-P1030508温泉は男女別の内湯と露天風呂があり、ここの泉質はナトリウム・カルシウム塩化物硫酸塩泉の湯が湯船を満たしています。塩味はしない。石造りの広大な露天風呂が自慢で、日本200名山のひとつ、荒々しい迫力のある屏風のような鳥甲山(標高2037m)を仰ぎ見ながら浸かれるのは温泉好きとっては至福の一時です。鳥甲山は険しくそそり立つ岩壁が第二の谷川岳と言われるほどです。

2013_0820_150132-P1030510

 

ph11.3の強アルカリ性の温泉が美肌をつくる白馬八方温泉「樅の木ホテル 庄兵衛の湯」

白馬八方温泉の源泉は、白馬鑓ヶ岳直下の蛇紋岩層から湧き出ている温泉で、岩層を通りぬけたことによる粒子のこまやかさに特徴があります。また水素イオン濃度(ph)は11.3と全国一の強アルカリ度を示し、美肌効果の高い「美人の湯」としても有名です。強アルカリ性の湯は肌にやさしく、しばらく浸かっているうちに、角質がとれてツルツルすべすべに、また入浴後は湯冷めもしにくく温浴効果も上がるといいます。そのほか疲労回復の効果もあります。

2016_0925_125139-IMG_0663

薬効豊かな八方の源泉を引いているのが、白馬八方和田の森に建つ、樅の木ホテルです。

2016_0925_125059-IMG_0662

館内は石と木が調和した落ち着いた雰囲気で、リゾ-トホテルならではのゆとりある空間を演出しています。

_20160928_234520温泉への情熱を傾けた14代庄兵衛に因んだ「庄兵衛の湯」でゆったりと湯浴みを楽しむことにします。サウナもある大浴場と露天風呂には無色透明な湯が注がれ、さらりとした肌触りが気持ちいいです。

16-09-25-12-11-12-686_photo

善光寺街道の宿場町/稲荷山宿に溶け込む 信州千曲「稲荷山温泉ホテル 杏泉閣」

威風堂々とした外観が、かつて善光寺道(北国西街道)の宿場町として栄え、今も土蔵造りの町並の残る稲荷山宿に調和している「稲荷山温泉 杏泉閣」がおすすめです。源泉地の名前をとった公衆浴場「湯ノ崎の湯」もあり、日帰り入浴が可能で、今もなお白壁、なまこ壁、漆喰壁など大きな蔵や格子戸のある町屋が残る稲荷山地区の散策の起点にもなります。

2016_0111_101545-P1090842

稲荷山温泉の歴史は古く、平安時代末期に木曽義仲が兵を率いて善光寺に参拝する折、白狐が源泉で傷を癒しているのを発見したことに始まります。以来この源泉に「湯ノ崎」と名付け、以来村人や善光寺街道の旅人にお湯を提供してきました。

16-08-28-14-06-43-944_photo露天風呂のある内湯はのんびりするのに最適です。浴室は広く正面が総ガラス張りになっていて、ガラス越しに露天風呂が見えます。しかしながら露天風呂の浴槽は少し浅目で寝湯にはちょうど良い深さですが、冬はちょっと厳しいと思われます。泉質は無色透明の硫化水素泉で少しぬめりもあり肌になじむ温泉です。

2016_0111_093304-P1090831

神々の住む村に南アルプスの麓から湧き出る天然療養泉「遠山温泉郷 かぐらの湯」

中央構造線の遠山川断層と赤石断層が交差しているここ遠山郷の断層は特殊な地形からは、天然の「気」が発生しているといわれており、遠山温泉郷「かぐらの湯」は、全国でも珍しい42.5度の塩化物泉で天然療養泉としてまさに神からの贈り物である。浴室の中に飲泉場があり、飲むとゆで卵の味がするのである。

遠山郷霜月温泉「かぐらの湯」は地元の祭り「霜月まつり」の様子を再現した銅像と飲泉場が出迎えて くれる。この祭りを 参考にして制作されたのが映画「千と千尋の神隠し」らしい。

2013_0818_160336-P1030498

施設の中は、木材をふんだんに使用し天井も高くて非常に開放感があり、ちょっとした待合いの所にも「霜月まつり」を再現した人形が飾られている。

2013_0818_154712-P1030497

お風呂は大浴場に広々とした開放的な露天風呂、源泉の飲泉場が浴室にあり、最初の掛け湯が源泉である。さすがに浴槽には加温、循環、消毒された湯が流れているが若干硫黄臭が漂っている。泉質はナトリウムーカルシウムー塩化物泉で湯上りは本当にぽかぽかである。神からの宝物からは、大自然の個性的な趣と心と身の癒しに加え、 神にも出会えそうな心あらたかなひとときが満喫できるのである。

 

 

 

長野市近郊に湧く豊富な温泉成分を含む美人の湯「大室温泉 まきばの湯」

長野市中心街から車で約20分。長野市松代町の大室地区、関崎橋のたもと、千曲川を渡り、高台に上って行くと、北アルプスや長野市街を一望できる「大室温泉 まきばの湯」にたどり着く。

2016_0209_095706-P1090931

地下700mから湧き出る41.5度の源泉は、弱アルカリ性の等張性温泉で、湯量は毎分400リットルと豊富です。ナトリウムイオン、カルシウムイオン、重炭酸ソーダなどの豊富な成分をバランスよく含有していることから、「美人の湯」として知られ、、体が芯まで温まり、肌もすべすべになる、まさに至れり尽くせりの温泉である。源泉かけながしなので質の高い温泉の効能を直に体感することができる。建物はログハウス調の暖かみのある造りで、受付正面の温泉池には、掛け流しの湯が注ぎ込む様子に温泉気分が盛りあがる。

2016_0209_095808-P1090935

浴槽は、男・女湯ともに内湯と露天風呂があり、共に大量のが湯湯口から流れ出している。無色透明の湯はさらりとしたなめらかな肌触りで、湯上りには肌がつるつるとする。湯船の中には小さな茶色の湯の花は少量ふわふわと漂っている。湯を口に含むとゆで卵のにおいのいわゆる硫黄臭が鼻につき、ほんの少ししょっぱい。

2016_0209_102141-P1090953

自慢はやはり高台から街を見下ろせる露天風呂。飯綱山・戸隠など北信五岳から、遠く北アルプスまで一望できる。木造りと天然石の二種類あり、一週間ごとに男女を交替している。

2016_0209_101226-P1090951

また韓国の暖房器具・オンドルを取り入れた、マイナスイオンを発生する天然麦飯石を使った遠赤外線サウナはたっぷり汗を流せると好評だ。

南アルプス赤石岳の麓に佇む天空の湯殿「小渋温泉 赤石荘」

南信州を諏訪市から南下、高遠・長谷、大鹿村を経て静岡県へ抜ける国道152号沿いは、古代から東西勢力の拮抗する分岐点となっていました。南北朝時代には後醍醐天皇の皇子・宗良親王が東奔西走し、戦国時代は武田信玄が戦道と利用するなど歴史の痕跡を数多くとどめている。かつては秋葉街道と呼ばれ、火伏せの神を祀る秋葉神社へ続く信仰の道に小渋温泉は佇んでいます。山腹にせり出すように立つ「赤石荘」は村営の保養施設です。宗良親王の家臣・渋谷三郎により室町時代に発見されたと伝わる温泉の泉質は塩化物炭酸水素塩冷鉱泉で慢性皮膚炎、リウマチ、飲用で糖尿病、胃腸病等に効用があります。

2016_0409_142059-P1100579

南アルプスの主峰、赤石岳を眼前に仰ぎ、眼下に小渋川渓谷を望む切り立った山腹にせり出す露天風呂は「天空の湯殿」として絶景の一言に尽きる。明治25年(1892)には日本アルプスの父として知られるウエストン訪れた記録があります。

北信濃の絶景を前に名湯に身をゆだねる「よませ温泉 遠見の湯」

国道403号を走って、山ノ内町・北志賀よませスキー場のすぐ下、地元では高井富士と呼ばれる高社山の山腹に佇むホテルセランに隣接した日帰り入浴施設の「よませ温泉 遠見の湯」。

2015_0712_154233-P1080425オープンが比較的新しいためにスキーシーズン以外は混雑がなく、目の前の絶景を貸し切ったようなお殿様気分を満喫できるのが「遠見の湯」のいいところである。露天風呂から眺める山々は、左から飯縄山、戸隠連峰、黒姫山、妙高山が並び立ち、この風景を一望できる露天風呂には囲いなど全くない。穏やかな山里の風景を眺めながら、昼間は柔らかな陽だまりの中で解放感溢れる湯浴みを堪能できるのである。内湯はないが、建物内に洗い場とサウナ、休憩室があり、露天風呂は自然石にぐるりと囲まれ、10人ほどがゆったりと入れる造りになっている。

2015_0712_151334-P1080424泉質は低張性弱アルカリ性高温泉でホテル裏手より、毎分200リットルが湧出している。源泉は60度で加水加温なしを誇っている。

信州の山懐に抱かれた日本一の露天風呂「馬曲温泉 望郷の湯」

馬が体をくねらせ、ぐにゃぐにゃ道を登る姿から、「馬曲」の地名が付いたのだが、急傾斜の坂道がそんな由来を彷彿とさせる「馬曲温泉」は木島平村の中心部より350M高い標高約700Mにあり、野天風呂からの眺望が素晴らしい。屋根、ついたてがなく、視界を遮るものは何一つなく、高社山と信濃名山に囲まれ、四季折々に変わる渓谷美と飯山盆地ののどかな風景が見渡せる。かつて日経新聞で「雪景色が素晴らしい温泉ランキング東日本1位」になったほどである。開湯は1983年で、冬場は積雪2Mを超える豪雪地だが、馬曲地区の一部にだけ地熱で雪が沈む場所があったのでボーリング調査の結果、良質な弱アルカリ性単純泉が噴き出したとのこと。

2015_0712_143815-P1080421

元は棚田であったところに、88年に入浴施設「望郷の湯」がオープンし、神経痛、筋肉痛などに効用ありとファンが増えていった。男女一つずつの野天風呂は、女湯の方が42平方メートルもあり、格段に広く、美肌効果に優れた泉質から「女性優位」を続けているらしい。

2015_0712_140145-P1080418

内湯は露天風呂と離れているが、昔ながらの小造りの檜風呂で浴槽にたっぷりの弱アルカリ性の湯が張られていてオーバーフローしているのがうれしい。内湯と露天風呂共通で510円である。

2015_0712_141438-P1080420